Web
Analytics

アオペブログ

プロレス×映画×育児を中心とした雑記ブログ。

育休を取得したパパとして良かったことを紹介します。

こんにちは。アオペです。

今回は育休を取得したパパとして良かったことを紹介します。

現在,育休中の私ですがこれまで仕事ばかりをしていたので育児の大切さに気づくことができていませんでした。

育休を取得したパパとして良かったことを紹介します。

育休を取得したきっかけ

f:id:aopeblog:20191213114558j:plain

私が育休をとることになったきっかけを簡単に紹介します。

  • 妻が仕事復帰し2歳の息子をみることが難しくなった。
  • 役所の面談で2歳の息子にことばの遅れがある可能性がわかった。
  • 私に休日がなく全く息子の育児に関わっていなかった。
  • 仕事で月100時間以上の残業。やり方や環境に疑問があった。

妻に相談することなく「2歳の息子が心配」,「仕事は好きだけどこのままだと自分がダメになる」と思いました。

世の中では育休への見方や仕事を優先するべきな風潮があるなかで,思い切って行動することにしました。

 

良かったこと

育休を取得して6カ月になろうとしています。

f:id:aopeblog:20191213115717j:plain

育休を取得したパパとして良かったことを3つ紹介します。

1:息子の成長を日々,実感できる。
2歳の息子が毎日,元気で笑顔の絶えない生活を送っていることで成長を実感できます。できることが増えたり,好きな食べ物が増えたり,服のサイズが変わるなど息子が成長していることがわかります。
2:妻に感謝されること。
これまで妻に育児を任せきりでした。妻は育休に賛成して,家にいてくれることや家事をしてくれることがとても嬉しいようです。妻に「ありがとう。」と言われると何だかがんばろうと思えます。

3:家族との時間が楽しい。

家族と一緒にいることや出かけることがほとんどありませんでした。育休を取得することで両方の実家へ帰ったり,子どもが楽しめそうな自然があるところに行ったりしています。2歳の息子が元気に楽しんでいる,妻がとても安心している姿をみると「良かったな。」と思います。
 
以上の3つのことが育休を取得して良かったことです。家族と育児を気にすることがなかった自分からすると考えられない心境の変化です。

仕事と育児を考える

育休を取得して家族を大切にできること以外にも良いことがあります。それは仕事と育児を考えるきっかけになったことです。

f:id:aopeblog:20191213114524j:plain

周りはパパの育休や休職を疑問視することが多いです。そのことから実際に育休や休職を選択する行動ができるパパは少ないのではないでしょうか。

私は育休を取得していますが,仕事は好きです。休んでいる現在も仕事のことは忘れたことはありません。ですが,今は息子のことを考えたら家族を優先する時間であると思っています。この育休が終われば仕事と育児のバランスを考えながら行動できる準備をしています。

仕事をサボるつもりはありませんし,お客様をないがしろにしたいわけでもありません。これはあくまでも経験からですが,「私がいなくても会社は成り立っていないといけない」のではないでしょうか。そのために労働者として「育休」や「休職」等があると考えています。育休を取得しても会社の方は意外になんとかなるみたいです。

世の中の既成概念を気にせず行動するとわかることがありました。

まとめ

今回は育休を取得したパパとして良かったことを紹介しました。

育休を取得して良かったのは2歳の息子の成長が実感できたこと,妻に感謝されること,家族との時間が楽しくなることでした。

また,仕事と育児を考えるきっかけになります。仕事と育児はバランスが必要ですが育児を大切にする行動をしても良いということです。

人にはそれぞれの立場や環境があります。必ずしも同じだということはありません。

私の経験を参考にしていただいて誰かの役に立てるとうれしいです。

次回は育休を取得したパパとして良くなかったことも紹介しようと思っています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

プライバシーポリシー お問い合わせ