Web
Analytics

アオペブログ

プロレス×映画×育児を中心とした雑記ブログ。

育児を知らないパパでもできる育児の不安を少しでも減らす3つの方法。

こんにちは。アオペです。 

今回は育児を知らないパパでもできる育児の不安を少しで減らす方法を紹介します。

仕事をしすぎていた私が育児にかかわるようになったことからわかったことです。

育児を知らないと前提していますが意識するだけで育児の不安を少しでも減らすために参考にしていただければうれしいです。

少しだけの知識

 

f:id:aopeblog:20191029095315j:plain

簡単に意識できることの1つとしては少しだけ知識を持っておくことです。

私が育児にかかわってわかったことです。

  • 日々の生活で子どもに感じたことや考えたことで良い。
  • 妻にまかせすぎなくても子どもを知るだけで良い。
  • 仕事のことで頭がいっぱいでもなんとかなる。
  • 育児のことは人やネットが知ってるので調べればいいだけ。

何か特別なことをしなくても、少しの知識からでも子どものためになります。

環境を整える

子どもにとって環境は必須です。なにか特別なことをしなくても妻と確認し,その結果子どもがどうなっているのかだけで育児に参加できます。

  • 子どもが困らないように衣食住を安全にしておくだけ。
  • 普通がないので妻と話して決めるだけで良いだけ。
  • どんな環境にしているか共有しておけば良いだけ。
  • 何をしたらいいかわからないときはそばにいるだけで良い。

夫婦ともに確認と助け合える環境が子どものためになります。

私でもできたこと

仕事をしすぎていた私が育児を知らないまま育児に参加してもできたことがありますので紹介します。

  • 数分でもそばにいること
  • なにかできたら褒めること。
  • 息子ができたことをただ単に褒めるだけ。
  • 時間と心に余裕がないときは妻に正直に言う。
  • 息子に一言,話しかけたり問いかけたりする。
  • 一緒にお風呂に入る。

子どもは褒めてあげることが一番効果がありました。

まとめ

今回は育児を知らないパパが簡単にできる3つのことを紹介しました。

それは少しの知識,環境を整えるだけで自分にもできることつながるということでした。
息子の育児に参加するようになり,知識が必要だと気づきました。知識がなく感覚だけで子育てをすると感情的になってしまいます。

感覚だけで子育てをしてしまうとパパ・ママも人間なので「怒り」が出てきます。虐待は絶対にしてはいけません。

 「どこに感情をぶつけていいのかわからない」とストレスになることもあります。

なので今回は私でもできたことを紹介することでに育児の不安を少しでも減らせるようにしていただけたらと思い紹介しました。

 

良ければ参考にしてください。 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

プライバシーポリシー お問い合わせ